のぼりの広告効果はホントにあるのですか。来店客、増えますか?

のぼりの広告効果を確かなものとするには、2つの側面からの見直しと問題解決が必要です。

プロに頼める側面と自身での再検討の2つに分かれます。

■広告効果を上げるには2側面からの見直しが必要。

結論から言うと、のぼりに広告効果があって来店客が増えるかには2つの側面があります。

1つめはのぼり全体のデザイン性・訴求力の問題。

2つめの側面は、お店やイベントの出し物自体のレベルです。

いくらのぼりの出来が良くても、肝心の中身が客のニーズを捉えたものでなければ、客の増加は見込めません。

のぼりと実際のギャップに、返って不評を買う恐れもあります。

誇大広告になってしまうかも知れません。

■ソレで大丈夫?2つの側面の問題解決策について。

2つの側面のうち1つめのデザイン性については、のぼりショップの専門店に依頼してアドバイスを受けることで解決できます。

基調色や好きな色、メインタイトルなどのぼりに入れ込みたい要素が決まったら、発注前提でショップの担当者に相談してみましょう。

2つめの出し物については、自身での再検討が必要になります。

目玉にするべき商品を絞り込んで大胆に訴求しましょう。

■のぼりの広告効果は、使用前・使用後のデータを取ることで、その差を一目瞭然にできます。少なくても1割の増加は見込めます。

なすべきコト(上記の2側面の解決)を果たしたうえでのぼりを立てたのであれば、間違いなく来店客数や入場者数は増加するはずです。

のぼりにかかる初期投資(費用)は、思った以上に早く回収できるものです。

試してみてください。