9月

4

カードローンとの違い

カードローンでもお金を借りる事はできますが、希望する金額や利用目的によっては、カードローンでは難しくなるでしょう。

こいう場合は個人事業者でも申し込み可能な、不動産担保ローンを選ぶ事もできます。

ただし担保となる不動産を所有していないと、申し込みも利用もできませんので、条件はきちんと確認しておきましょう。

もしも所有する不動産があって、不動産価値もそれなりにある場合は、不動産担保ローンの申し込ができます。

カードローンとの大きな違いは融資額もそうですが、担保の有無です。

個人でもある程度の信用力があれば、カードローンの利用ができますが、仕事をしていて信用力があっても、所有する不動産が無いと不動産担保ローンは対象外となります。

申し込みには本人確認書類のほかに、不動産の価値を示す確定申告所などの書類が必要になります。

借入可能な金額も、担保がある分かなりの高額も可能ですが、借りたお金には利子が付きますし、月々の返済金額や返済回数も多くなるのは把握しておくべきです。

借入金額によっては数千万円となる場合もありますし、返済期間は20年から25年と会社による違いはありますが、比較的長いもののその間に返済できない場合は、返済計画の見直しが必要になります。

新しい事業の運転資金にする事もできますが、ローンである以上返済しなければいけません。

返済プランもいくつかありますので、借入金額と返済プランはよく確認しておきましょう。

※おすすめリンク–>住宅の資産価値は何で決まる?価値が下がりにくい物件の見極め方教えます! | スーモジャーナル

Posted in カードローンとの違い | コメントは受け付けていません。

Comments are closed.