既製品とオリジナルデザインのぼりとではコスパ的にどうですか?

のぼりを既製品にした場合とオリジナルにした場合、コスパ的には既製デザインのぼりのほうがいいかもしれません。

広告・訴求面とオリジナルは直接関係ありません。

■既製デザインのぼりのメリットはどこに?

のぼりショップのサイトを覗くと、必ずサンプル作品のコンテンツがあり、業種別にみることができます。

これらののぼりは色やレイアウト、セールタイトルなどの文言を一部差し替えオリジナルののぼりとして発注することができます。

1から作るオリジナルではないので、1枚あたりの単価が安いことと、仕上がりイメージに大きな違いを生じないことが最大のメリットです。

納期もオリジナルデザインのぼりより早いです。

■オリジナルデザインのぼり最大のメリット。

既製のぼりに対してオリジナルデザインのぼりは、デザインの発案者とショップ担当者とのすり合せが必要になり、合意・発注までに時間がかかることもあります。

1からデザインし作るので、コストはその分が上乗せされ、発注から納期までの期間も余分にかかります。

ただし仕上がりまでの工程も含めてオンリーワンののぼり旗を作れるという意味では、既製の比ではありません。

■コスト的に高くなるのは当然オリジナルデザインのぼりのほう。ただし広告としての訴求力がオリジナルだから高いとは限りません。

のぼりのコスパとは、制作にかけた時間やコストが、儲け(集客数)とどうつながっているかを検証することです。

デザインがオリジナルだから集客力が高いとは言えず、長年の経験からプロが作った既製のぼりのほうがコスパがいいとの見方もあります。